自動車保険見直しを検討している方が事前に把握しておきたい事まとめ

ゴールド免許になったり子供が車を使わなくなったりしたときに自動車保険の見直しをしようと思うことがあるでしょう。
では、今までよりも保険料を抑えたり、保証内容を充実させたりするときにどんなポイントを覚えておいたら良いのでしょうか。

・免責金額の設定
自動車保険に車両保険をつけると保険料が高くなってしまうので敬遠する人が多いですが、かといって愛車が事故に遭ったときはきちんと直して上げたいとも思います。
そこで、車両保険をつけたとしても免責金額を設定することによって保険料が高額にならないというポイントを覚えておきましょう。
例えば、免責金額を10万円程度にするなら、修理をしなければいけないときに10万円は自己負担してそれ以外の部分を保険で支払うということができます。
しっかりと愛車を大きな負担をせずに直して上げることができます。
さらに最近は、車対車の事故の場合だとこの免責金額がゼロになるという特約なども出てきています。
事故の相手によって変化するこの特約をつけておくこともできるでしょう。

・特約の上手な使い方
保険会社によって色々な特約がありますが、それらを上手に組み合わせると保険料を抑えながらもきちんと保証を受けることができます。
例えば、運転者を一人に絞る運転者本人限定特約や、運転者を本人と配偶者に限る特約などをつけると保険料を抑えられます。
また、運転者の年齢を35歳以上に限定することによっても保険料は安くなります。
さらに、医療保険特約をつけることによって、搭乗者傷害保険の金額を半額にしたりして、月々の保険料を割安にすることができます。
医療保険特約をつけることをおすすめするのが普段は車を一人で乗ることが多かったり、通院に必要な費用は自己負担でも良かったりする人です。
自動車保険の見直しは、車に関係する環境が変わったときに細めにしていくことによって、かなり保険料を抑えることができます。
色々な情報をきちんと比較しながら自分や家族に最適な保険を見つけるようにしたいと思います。