これから妻が専業主婦になる場合、夫婦の保険をどう見直すべきか?

今まで共働きできましたが、子供の妊娠や親の介護などの理由で妻が専業主婦になるケースというのがあります。
では、どんな事に気をつけながら保険を見直していったら良いのでしょうか。

・夫の見直しポイント
まず保険の見直しのときに、妻も保険に入っているなら、夫と妻の両方の保証内容や保険料を合わせて考えていく必要があります。
そして、医療保障は日帰り入院から保障されるものを選んでいくことがポイントです。
というのは、最近は医学の進歩により先端医療などが適用されると日帰り手術などが増えています。
入院後何日目から保障されますというタイプだとなかなか保険料を受け取れないことがあります。
さらに、自分が死亡したときに受け取れる補償が遺族年金と合わせていったいいくらいが現実的に必要なのかを考えましょう。
一般的には30代で死亡したときに妻と子供が生活していくためには2500万円前後を見ておけば良いと言われています。

・妻の見直しポイント
妻の見直しポイントもやはり死亡保障をいくらくらいにするかというところでしょう。
この点においては、夫が働き続けられるので大きな金額は必要ないとしても、育児のためには幾分か仕事の時間を減らさなくてはいけないのである程度の保障があるものにしましょう。
例えば1000万円前後の保障があれば、残された夫も子供のために育児に集中できるでしょう。
そして医療保障に関しても夫のケースと同じように日帰り入院から保障されるものにしたり、個室などのプライバシーを守れる入院ができるように入院給付金を少し高めにしたりすることができるかもしれません。
さらに30代の時などはこれから病気のリスクが高くなっていきます。
終身型にしたり、3代生活習慣病やがん治療の給付金、そして先進医療などの特約もつけて保証内容を充実させておきたいと思います。

妻が専業主婦になるときには、今までよりも保険料を抑えながらも子供が成人するまでの間の保証内容を充実させるようにしていきましょう。