夫婦の保険見直しの際に覚えておきたい解約返戻金の条件や金額

保険を見直すときには、古い保険を解約して解約返戻金がいくら戻ってくるのか気になることがあるかもしれません。
解約返戻金というのは、保険会社から解約のときに払い戻されるお金のことですが、きちんと解約返戻金を受け取るにはどんな条件が必要なのでしょうか。

・解約返戻金の条件や金額
解約返戻金というのは保険に加入している年数が長ければ長いほど、返戻率が上がっていき、解約返戻金の金額が多くなっていきます。
それで、解約をするのが早ければ早いほど金額は少なくなり、満期に近くなればなるほど金額は大きくなります。
例えば、毎月20000円以上の保険料を20年から30年近く払い込んだ人が保険の契約満了時に受け取れる解約返戻金というのは700万円から750万円となっています。
考え方によって解約返戻金は貯蓄になると言うこともできます。
しかしそのためにはこのケースのように長期間同じ保険サービスに支払いをし続ける必要があります。

・解約返戻金で損をしないために
よくあるケースが保険を解約して、解約返戻金を受け取れると思ったのに、全く受け取れなかったとか額が少なすぎたというものです。
解約返戻金で損をしないためには、解約返戻金という制度がない保険もあることを覚えておきましょう。
一般的には定期保険や収入保障保険などには解約返戻金という制度がありませんので気をつけたいと思います。
また、保険申込時に返戻率を確認するようにもしたいと思います。
保険料の安さに惹かれてしまうと、返戻率が異常に低かったりすることがあります。
解約返戻率を高い状態にしてできるだけ多くの解約返戻金をもらいたいと思うなら、保険料の支払期間を短くするようにしたり、低解約返戻金型の保険に加入したりしましょう。
この低解約返戻金型の保険は保険期間中に解約すると返戻金率は下がります。
満期まで払いこめば返戻率が非常に高く、100パーセントを超えるものもありますのでおトクと言えます。

解約返戻金の条件や金額は保険加入の際にはきちんと確認しておくようにしましょう。