どんなタイミングで夫婦の保険見直しを行うべきか?

長い一生の間には保険を見直すタイミングというものがあり、その見直しによって保険料が増えたり減ったりします。
しかし、保険料以上に大切なのが家族をその変化のタイミングごとにしっかりサポートする保障内容にすると言うことです。
では、どんなタイミングで、どんな見直しをする必要があるのか具体例を見てみましょう。

・こんな時は保険を見直そう
結婚したときには、家族を持つことになるので、死亡保障や医療保障がきちんとケアされている保険に入るように見直すことができるでしょう。
基本的に妻がパートなどをせずに専業主婦になるケースでは、夫は死亡保険を1500万円から2500万円ほどの間で増やすことができるでしょう。
もし共働きなら、夫が亡くなったとしても妻は生活をしていくことができますので、もっと死亡保険の額を抑えることができるでしょう。
住宅ローンを組んで家やマンションを買ったときには、死んだら住宅ローンが死亡保険金で相殺される団体信用生命保険に加入します。
しかしもし加入しないなら、保険を見直して残された家族が住宅ローンを支払っていくことができるようにしましょう。

・保障内容の見直しはここがポイント
会社を起業したり、独立してフリーになったりするタイミングでも保険を見直したいと思います。
会社から離れると厚生年金から国民年金に変わり保障内容が心許なくなるので、所得補償保険や年金の積み立てなどを活用するようにしたいと思います。
そして、保障内容の見直しをするときに覚えておきたいポイントは、医療保障は独立起業したときには増やすと言うことです。
また、子供が家から出て経済的に独立したときには、死亡保障の額を減らすことができるというのも見直しポイントです。
なぜなら、子供は親の家以外に、自分の家を確保しているわけですから、被保険者が亡くなっても生活をしていくことができます。

このように、生活が変化するときには、そのときごとに保険を見直していくようにしましょう。