さまざまな人生の転機を迎えるたびに夫婦で行いたい保険見直し

私たちの生活というのは家族の構成や年齢に合わせて色々と変化するものです。
その変化に合わせて保険の必要な保障額というのも変わってくるので、どうしても定期的に保険の見直しをしていく必要があります。
では、どのようなタイミングで保険を見直していったら良いのでしょうか。
いくつかの人生の転機をピックアップしてみました。

 

・家族の変化


まずは、妊娠したり出産したりしたときです。
家族が新たに増えるということはそれだけ責任も増えると言うことになります。
夫婦できちんと話し合って誰かが死亡したときに、残された家族がきちんと生活を行っていける様に保険で備えたいと思います。
また、子供が成長して経済的に自立した後というのも保険の見直しのタイミングとなります。
今度は一つの責任が減ることとなりますので、貯蓄となる終身保険以外を見直していくことができるでしょう。
子供の自立の後、親は年を重ねていくので、医療保障を見直したり、年金を負担する民間の保険などの利用を考えたりすることができるでしょう。

・生活の変化


大きな最初の生活の変化は、就職の時かもしれませんが、就職は保険を見直す良い機会となります。
今までは親の保険に加入していたかもしれませんが、今度は自分で医療保険などに加入できるかもしれません。
また、結婚をしたときも家族に対する責任がお互いに生じますので、死亡保障などがしっかりしている保険に加入することを検討しましょう。
家を買って住宅ローンを組んだときにも死亡保険金が残った住宅ローンを埋め合わせるようなものに変更するよう見直せるでしょう。
そして、退職をして保険料を支払うことが難しくなってきたときにも保険の金額や補償内容を見直すことができます。
そんなときにはあまり必要の無い特約を外したり、補償内容がしっかりしていながらも割安な保険がないか検討したりしてみましょう。

人生の転機は色々なかたちで起きますので、そのたびに保険の見直しを行っていきたいと思います。