読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦保険見直しのために積極的に利用すべき無料相談のくわしい内容とは?

保険見直し

保険を見直すときに、どんなにインターネットでリサーチしても分からなかったりすることがあります。
そんな時にはきちんと詳しい人から説明してほしいと思うものです。
そのようなケースで役立つのがショッピングセンターなどに入っている保険の無料相談です。
では、無料相談ではいったいどんな対応をしてくれるのでしょうか?

・無料相談でしてくれること
無料相談では保険のエキスパートが各社の保険を比べながら、自分に一番メリットのあるものを一緒に考えて選んでくれるサービスです。
具体的には、一緒に保険証券を見ながら保証内容や保障期間、また保証金額などが最適かどうか検討してくれます。
さらに、保険の契約をサポートしてくれたり、何か問題が生じたときに保険金の請求などの手続きまでもサポートしてくれるのです。
病気や事故に遭ったときにはパニックになってしまうものですが、一緒に保証内容を確認したりしてくれるのは安心できます。
また、保険の更新時などにもどんな保証内容を変更したら良いのかをアドバイスしてくれます。

・無料相談について知っておきたいこと
無料相談について知っておきたいのは、何回利用しても相談が無料であると言うことです。
最初の1回からは無料で、その後は有料となったり時間ごとに課金されたりする心配が無いので、じっくりと納得がいくまで保険の説明を受けることができます。
しかも、無料相談は何十社もの保険会社と契約をしていますので、特定の保健を無理矢理勧めてくることもありません。
それぞれの会社のメリットとデメリットを知っているので、それぞれのケースに最適な商品を選んで教えてくれます。
また、今はいっている保険の内容がベストであるなら、無理に他の保険に契約させたりすることもありません。
無料相談を受けるときにはスムーズに説明を受けるためにも、今加入している保険証券や保証内容のお知らせなどを持って行くようにしましょう。
また、説明を受けるためには1時間半から2時間程度はかかることも覚えておきたいと思います。

自動車保険見直しを検討している方が事前に把握しておきたい事まとめ

保険見直し

ゴールド免許になったり子供が車を使わなくなったりしたときに自動車保険の見直しをしようと思うことがあるでしょう。
では、今までよりも保険料を抑えたり、保証内容を充実させたりするときにどんなポイントを覚えておいたら良いのでしょうか。

・免責金額の設定
自動車保険に車両保険をつけると保険料が高くなってしまうので敬遠する人が多いですが、かといって愛車が事故に遭ったときはきちんと直して上げたいとも思います。
そこで、車両保険をつけたとしても免責金額を設定することによって保険料が高額にならないというポイントを覚えておきましょう。
例えば、免責金額を10万円程度にするなら、修理をしなければいけないときに10万円は自己負担してそれ以外の部分を保険で支払うということができます。
しっかりと愛車を大きな負担をせずに直して上げることができます。
さらに最近は、車対車の事故の場合だとこの免責金額がゼロになるという特約なども出てきています。
事故の相手によって変化するこの特約をつけておくこともできるでしょう。

・特約の上手な使い方
保険会社によって色々な特約がありますが、それらを上手に組み合わせると保険料を抑えながらもきちんと保証を受けることができます。
例えば、運転者を一人に絞る運転者本人限定特約や、運転者を本人と配偶者に限る特約などをつけると保険料を抑えられます。
また、運転者の年齢を35歳以上に限定することによっても保険料は安くなります。
さらに、医療保険特約をつけることによって、搭乗者傷害保険の金額を半額にしたりして、月々の保険料を割安にすることができます。
医療保険特約をつけることをおすすめするのが普段は車を一人で乗ることが多かったり、通院に必要な費用は自己負担でも良かったりする人です。
自動車保険の見直しは、車に関係する環境が変わったときに細めにしていくことによって、かなり保険料を抑えることができます。
色々な情報をきちんと比較しながら自分や家族に最適な保険を見つけるようにしたいと思います。

定年を迎えたら夫婦の保険見直しを行うべき?どんな変更手続きが必要か

保険見直し

定年を迎えるときと言うのは、子供が独立し夫婦二人だけでの生活になっていたり、住宅ローンが払い終わっていたりと生活費がある程度抑えられていることでしょう。
ですので、保険をもう一度見直す良いタイミングではないでしょうか?

・死亡保険の見直しポイント
定年のときと言うのは、子供に対する責任も家賃を含めた生活費も少なくなっているものです。
退職することによって安定した収入がなくなることも考えなくてはいけません。
それで、毎月の保険料を今までと同じように払うことができなくなりますが、そのときに減らせる保証内容が死亡保障の部分です。
子供が家にいたときのような高額な死亡保障は必要ありません。
自分の葬儀のための費用や相続対策のための費用などをまかなうくらいの死亡保障があれば良いでしょう。
また貯蓄型の終身保険だと毎月の保険料が高額になりますので、ある程度の保障がされる掛け捨て型の保険に切り替えたりすることができるでしょう。
また定期付き終身保険などであれば、定期の部分だけを解約するなどして毎月の保険料を調整するようにしたいと思います。

・医療保障の見直しポイント
高齢になっていくと生活習慣病のリスクや要介護になるケースを想定していかなくてはなりません。
その点で、医療保障はある程度充実させておくようにしましょう。
定年の時の保険の見直し時に気をつけたい点として、自営業の場合はいつから定年かというのはケースバイケースになると言うことです。
それで、今まで入ってきた保険の保障期間がいつまでなのかをきちんと確認しておきましょう。
一般的な定年の60歳までとか65歳までの満期のものであるなら早急に次の保険を見直していかなければなりません。
保障期間が一般的な定年までとなっていると、医療保障特約などもすべてが満期で修了してしまいますので、保険会社の営業担当やコールセンターに確認をしておきましょう。
現在は高齢化社会なので定年してからまだ15年、また20年以上も人生が続いていきますので安心できる保険を選ぶようにしたいと思います。

これから妻が専業主婦になる場合、夫婦の保険をどう見直すべきか?

保険見直し

今まで共働きできましたが、子供の妊娠や親の介護などの理由で妻が専業主婦になるケースというのがあります。
では、どんな事に気をつけながら保険を見直していったら良いのでしょうか。

・夫の見直しポイント
まず保険の見直しのときに、妻も保険に入っているなら、夫と妻の両方の保証内容や保険料を合わせて考えていく必要があります。
そして、医療保障は日帰り入院から保障されるものを選んでいくことがポイントです。
というのは、最近は医学の進歩により先端医療などが適用されると日帰り手術などが増えています。
入院後何日目から保障されますというタイプだとなかなか保険料を受け取れないことがあります。
さらに、自分が死亡したときに受け取れる補償が遺族年金と合わせていったいいくらいが現実的に必要なのかを考えましょう。
一般的には30代で死亡したときに妻と子供が生活していくためには2500万円前後を見ておけば良いと言われています。

・妻の見直しポイント
妻の見直しポイントもやはり死亡保障をいくらくらいにするかというところでしょう。
この点においては、夫が働き続けられるので大きな金額は必要ないとしても、育児のためには幾分か仕事の時間を減らさなくてはいけないのである程度の保障があるものにしましょう。
例えば1000万円前後の保障があれば、残された夫も子供のために育児に集中できるでしょう。
そして医療保障に関しても夫のケースと同じように日帰り入院から保障されるものにしたり、個室などのプライバシーを守れる入院ができるように入院給付金を少し高めにしたりすることができるかもしれません。
さらに30代の時などはこれから病気のリスクが高くなっていきます。
終身型にしたり、3代生活習慣病やがん治療の給付金、そして先進医療などの特約もつけて保証内容を充実させておきたいと思います。

妻が専業主婦になるときには、今までよりも保険料を抑えながらも子供が成人するまでの間の保証内容を充実させるようにしていきましょう。

妻が妊娠や出産をした場合の保険見直しのチェックしておきたいポイントとは?

保険見直し

妻が妊娠したり出産したりして家族の新たなメンバーが増えたときにどんなポイントに注意しながら保険の見直しをすることができるのでしょうか。
成長していく子供にとって一番良い保険の見直し方法とは何なのか考えていきます。

・夫が見直せるポイント
子供ができるとその子供の生活費だけでなくこれからの教育費なども確保していく必要があります。
そのためにはまず、自分が死亡したときに残された子供と妻が十分な教育を受けながら生活していけるための資金を用意しておく必要があります。
ですから、子供が小さいときほど高額な保障が必要になると言えるでしょう。
ただ、子供が未成年のうちは今はいっている年金の種類によって遺族年金がある程度支給されます。
それで、その遺族年金の保証内容を確認した後で、民間の保険でどの程度死亡保障を確保するかを考えていったら良いでしょう。
このときに保険料を安くするポイントとして、掛け捨ての保険にするなら効率よく高額保障の保険を利用できます。

・妻が見直せるポイント
まず覚えておきたいポイントは、子供を妊娠しているときや出産直後というのは健康的なリスクが高いので、保険に入ることができない可能性があると言うことです。
それで、可能であれば、子供を作ることを計画している段階から保険に入っておくようにしましょう。
妻が死亡したときに、残された子供を育てていく夫が保育園やベビーシッターなどの助けを借りながら生活していくわけです。
ですからその分の費用が確保できるような死亡保障のついた保険を選ぶようにしましょう。
どのように残された夫が子供を育てていくかによって死亡保障をどの程度にするかが変わってきますのでよく話し合うようにしたいと思います。
また、女性は40代を過ぎたあたりから女性特有の疾患にかかるリスクが高くなります
ですので乳がんなどをケアしている医療保険やがん特約などをつけるようにしましょう。

夫も妻も子供ができた時を良いタイミングと見なして、もし何かあったときのリスクマネジメントを保険の見直しと共に行っていきたいと思います。

結婚を機に新婚夫妻でまとめて保険見直しを行う場合、何が必要なのか?

保険見直し

結婚というのは新たな家族と新たな責任を担うことを意味しますが、そんなときにこの二つを担っていくことをサポートしてくれる手厚い保険に見直したいと思います。
では、結婚という新スタートを切る上で保険を見直すときにどんなことが必要なのかを考えましょう。

・まずすべきこと
もし、それぞれが今までに保険に入っていたとしたら、2人の保険の保険証券を比べて、どんな保証内容があるのかどうかを確認しましょう。
特に保険料だけではなく、どんな時にどれほどの保証が得られるのかを確認し、見直す必要がそもそもあるのか、また見直すとしたらどんな保証を重視するのかを見極めたいと思います。
もし、独身時代の保険の保証内容が分からなかったり、2人でも入れるのかどうか確認したかったりするときには保険会社の担当者に確認するようにしたいと思います。

・見直していきたいポイント
結婚を機会に保険の見直しをするときに考えるポイントはまず死亡保障です。
パートナーが亡くなったときに、残された方がどんな生活をしていくのかはこの死亡保障で決まってしまいます。
それで、お葬式代やお墓代、そして当面の生活費などをどれくらい保障してくれるものを選ぶか決める必要があるでしょう。
一般的には、お葬式とお墓の費用は合わせて500万円ほど、さらに当面の生活費では2000万円前後があれば良いと言われています。
しかし、共働きかそうでないかでもこの費用は変わってくるので注意しましょう。
次に、医療保険にも注目したいと思いますが、家族の入院の時などに日額5000円から10000円くらいを保障してくれる保険を選んでおきたいと思います。
もし、子供をもうけることを考えているのであれば、子供の医療費のことも考える必要がありますので、よく検討するようにしたいと思いますし、学資保険に加入するかどうかも考えましょう。
結婚をするときに保険の見直しを行うことによって、2人の今後のプランを話し合い、安定した家族を作り上げていくように心がけるのがいいです。

 

夫婦で保険見直しを行う際に注意しておきたいよくあるトラブルとは?

保険見直し

保険を見直すときには気をつけないと予想もしないようなトラブルに遭ってしまうことがあります。
保険の見直しというのは人生の中でそんなに経験をすることがないので、どうしても知識が無く、トラブルを経験してしまうものです。
どんなケースがあるのかを知っておきトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

・よくあるトラブル
まず、保険の見直しのときに気をつけたいのが、新しい保険に加入をするタイミングです。
というのは、よくあるトラブルとして、古い保険を解約して、いざ新しい保険に加入しようと思ったときに病気が発覚するケースです。
健康診断で不具合が発見されたりして、次の保険会社から加入を断られ、どこの保険にも入れなくなってしまうというケースです。
それで、新たな保険の加入が確約されるまでは今までの保険を解約することは絶対にしないようにしましょう。
解約返戻金が予想以上に少なかったり、全く戻ってこなかったというのもよくあるトラブルです。
格安のアカウント型保険は貯蓄制度があると言っておきながら、毎月数百円程度の積み立てしかされていなくて、10年や20年後に手元に帰ってくるのは数万円だけということもあります。

・高齢者は気をつけたいケース
高齢者を対象とした保険の見直しを勧めてくる営業担当者がいますが、よくあるのが、実際に払い込む保険料の総額が補償額を上回ると言うトラブルです。
例えば、70代の方が毎月3万円ほどを払って、20年総額720万円前後を払い込むことになりますが、この保険の保障額が500万円から600万円程度と言うことがあるのです。
こうなってしまうと、毎月保険料を支払う意味が無くなりますし、自分で貯金をしていった方がいざというときに安心でしょう。
もちろん、高齢者でも手厚い保障が得られる保険がありますので、一概にすべての保険が悪いとも言えません。
しかしきちんと比較をするようにしたいと思いますし、高齢になってからの保険の切り替えにはリスクがあることを覚えておきたいと思います。